適性はレーシックの種類で大きく異なる


適性はレーシックの種類で大きく異なるブログ:17年02月16日


あたくしは1週間位前仕事で夜中まで残業になり、
寝たのが夜中の2時過ぎで、
6時は6時起きで会社に行きました。

たった4時間の睡眠でも大丈夫な人は大丈夫なんでしょうが、
あたくしはかなり寝不足状態で、
しかも仕事で興奮した脳のせいか眠りも浅く、
頭痛もひどくて…

そんな中、出勤途中に猛烈に甘い物が食べたくなり、
コンビ二で生クリームたっぷりのチーズケーキを1個購入して、
会社で食べました。

睡眠不足で肉体が疲れている時って、
甘い物が食べたくなるというのは本能なんでしょうね。
そういう感じの強烈なものでした。

これを食べて思いましたが、
非常に脳の状態が不安定な時に、甘いものって落ち着く効果がありますね。
チーズケーキ1個でまた仕事に頑張ろうって気力が出てきましたよ!

こういう風に甘い物を使うのはいいと思います。
でもこれを癖にして常用してしまってはいけないので
気を付けなければなりませんが…

今回買う時も
「本当に今チーズケーキを買う事が必要なのか?」
「チーズケーキを食べることで
 どういうメリットとデメリットがあるのか?」
などを自分自身に問いかけ、
「それでも食べる!」
「どうせ食べるなら変なもので妥協するのでなく、できるだけ美味しい物!」というポリシーで買いました。

だから食べる時には罪悪感は全くありませんでした。

やはりこういう時にもどうせ食べるなら、
できる限り、高級な美味しい物がいいと思います。
今日買ったチーズケーキは150円と安いのですが、
生クリームもさほど甘くなく、ものすごく美味しいものでした。

ただ、
「睡眠不足で脳を疲れさせると甘い物が食べたくなる」
ということは、
睡眠不足が続くと、ダイエットにはあまりよくないみたいですね。




ホーム サイトマップ