レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう


レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




レーシックは妊娠中は避けるようにしましょうブログ:17年09月12日

今日はなんとなく思った事を書きますね

減量の停滞期は
個人差はありますが、
約1ヶ月程の期間があります。

普段ならあっという間に過ぎる1ヶ月でも、
減量中に体重が減らない期間が
1ヶ月も続くというのはとても辛いですよね。

つい減量を
挫折してしまいそうになることもあるでしょう。

でも減量の停滞期には、
必ず終わりが来ます。

停滞期の後にはまた減量期が訪れますから、
停滞期を脱出しようと焦らずに、
余裕を持って
減量を続けることが大切ですよ!

何度か停滞期を経験していると
自分の停滞期の周期も分かってくるので、
あえて体重を計らず停滞期の脱出を待つというのも
一つの方法かも知れません。

でも、
やっぱり停滞期からは早く脱出したいですよね。

そんな方におすすめの
減量の停滞期の脱出方法は、アミノ酸の摂取です。

アミノ酸が身体の中に入ると、
飢餓状態になっていることが認識されにくくなるので
停滞期から脱出することができるといわれています。

鳥のササミやヨーグルトなど
低カロリーでアミノ酸が豊富な食品を摂取すると効果的でしょう。

停滞期は
減量が成功している証でもあります。

減量には停滞期があるということを
しっかり認識していれば、
いざというとき焦ることなく
乗り切ることができます。

理想の身体を手に入れるためにも、
決して焦ることなく停滞期を脱出して
減量を成功させましょう。

減量の停滞期は
ストレスもたまりがちなので、
ゆったりとした気持ちを持つことが大切ですよ。

じゃんじゃん
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス